スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EYES IN THE BACK OF MY HEART

関ジャ○えい○の、仕分けを観ていたら、
ギタリスト技巧仕分けが、新たに始まりまして、

その選曲のなかに、小田和正さんの「ラブストーリーは突然に」が、あったのです。
懐かしい...東京ラブストーリーですよ。当時8cmシングルで購入しました。

24年前らしいです(爆)←

24年前...ははは...全然、元気に地球に生息しておりました(とおい目)...
そうだよね、織田裕二も鈴木保奈美も江口洋介も、渋い大人になるワケだよ。24年経ってんだから。
当時、クラスで「東京ラブストーリー」「ガラスの仮面」が、大流行していたなぁ(とおい目)...

もともと、オフコース時代から小田和正さん好きだったのですが、
(てか嫌いなひとなんていないよね、素敵なシンガーソングライター様です。歌声が本当に綺麗)

小田和正さんといえば...子供の頃に、すんごい好きな曲があったなぁ...なんて、
ふと、思い出したのですよ。
それは、当時わたしの父&母が、よく車内で流していた曲で、
更に、当時子供の私が、毎週楽しみにしていたドラマの、テーマソングで、
子供だったので曲のタイトルとかも知らなくて、唐突に思い出しました(笑)。

それが、

EYES IN THE BACK OF MY HEART

な、懐かしい...コレ...コレだよ...!
小学校の帰りに、空耳でたらめ英語で、熱唱しながら帰っていたよ(爆笑)←なんつー迷惑な子供。
全歌詞が英語で「木曜ドラマストリート」という2時間枠のドラマの、テーマソングでした。
赤川次郎の、ドラマでさ~。懐かしい。

で、この曲はなんと30年前の曲らしいです(笑)。

30年前も、元気に地球に生息していたんですね、わたし(茫然)...。
今はネット社会、ちょいと動画サイトで探して、見つけました。聴いてみました。

30年経っても、名曲は色褪せずむしろ新しいくらい。まさに名曲でした。
でも、知らなかったなぁ...(笑)...これって、原曲は「君が、嘘を、ついた」という日本語版があって、
おっそろしいくらいに、失恋の鬱ソングでした(爆笑)。

スポンサーサイト
»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。